農業・林業・漁業…一次産業へのIターン転職

■一次産業へIターン転職
一次産業とは、「農業」「林業」「漁業」といった、自然界へ直接働きかけを行う産業を指します。
ここ近年、J・U・Iターン転職で一次産業へ転職する方も少なくありません。

■一次産業専門転職サイト「一次産業ネット」
2016年にリリースされた一次産業専門の転職サイト「一次産業ネット」では、農業に特化して4000件に登る全国求人のほか、移住先の地域についてわかる特集や転職の流れなど、独自のコンテンツを配信しています。

■今、農業が必要としているニーズ
現在、個人農家の現象・高齢化が進んでおり、「農家は人手不足」という事が各種調査・統計の数字でも明らかになりました。そんななか、単純な人出であれば日本人だけではなく、タイ・ベトナムといった外国人の採用も進んでいます。
法人化している農家では、経営に対する人手不足が発生しており、直接農地を触れる他、経営幹部(候補)・営業といったリソースが不足しています。

■農家は改良・改善を待っている
経営というが、彼らが待っているのは数字上の経営ではなく、それまで踏襲されたやり方の改良・改善による効率化であったりする。
ある田んぼでは、田植えで稲を植えるのではなく、「乾田直播」と言われるイネのタネを直接植える方法を採っている。それだけではなく、泥の水田を一度ローラーで押し固め、その上にタネを撒きもう一度ローラーで押し固めている。これにより、泥でぬかるまない田んぼを開発し、水田の管理が向上した。
このような開発であったり、1農家で東京ドーム何個分とも言われる広大な水田の管理といった課題は今でも多く、これらを改良・改善する若い担い手を募集している。

■一次産業へIターン転職するには
先ほどの「一次産業ネット」といった転職サイトを使うほか、縁故を当たることで昔ながらの農家で働くこともできます。いずれも、「担い手は募集しているが、なかなかよい人と出会わない」という状況と聞きます。

■終わりに
やはり大地と直接触れ合える、厳しいけど優しいといった所が一次産業のメリットではないでしょうか。決して楽な仕事ではありませんが、改良の余地が多く残されており、やり甲斐はとてもある仕事です。また、IoTといったITが参入する余地もあり、Iターンにはうってつけではいでしょうか。