地元へのUターン転職を行う方法

地元で仕事をするためにUターン転職を考える人も多いでしょう。
どのような方法でUターン転職をしたらいいのか、実際に転職活動を行う前に確認をしておくとよいです。

地元で求人情報をチェックする方法がもっともよいのですが、仕事を続けながら転職活動をする場合には頻繁に地元に足を運ぶことが出来ないこともあります。
特に遠方の場合には難しくなるでしょう。

そんな悩みを解決してくれるのが、求人サイトです。
今は地域密着型の求人情報を提供してくれる転職サイトもありますし、Uターン転職を支援してくれるサイトもあるので、希望をする仕事を見つけやすいです。

注意をしなければいけないのが、地方の企業の中には家族経営の企業もあり、家族経営となると社会保険の加入が出来ていなかったり、ブラック企業である可能性も考えることが出来るので、ホワイト企業を選ぶことが重要です。

特にIT業界はブラック企業の温床となっており、地方のIT企業ほど低賃金で残業代なし・長時間労働・客先常駐などエンジニアを使い捨てするような企業も少なくありません。転職を考えているシステムエンジニア(SE)は転職エージェントで企業の内情を把握してから転職することをおすすめします。
SE転職に必須の転職サイト・エージェント比較ランキング

見極めも難しいかもしれませんが、企業に関する口コミ情報をチェックしてみると分かって来ることも多いです。
評判をチェックして、ブラックではないのかどうかということを見極めるとよいでしょう。

また地元に帰って転職先があるのかどうか、ということも考えなければいけません。
地域によっては仕事に限りがあったり、自分がやりたいと思うような仕事を見つけることが出来ずに、未経験の仕事に就くしかないということになってしまう場合もあります。
特に林業や農業、漁業など生活に密接に関係している仕事というのは、未経験者の場合にはかなり厳しい場合があります。

企業への転職を考えていても、求人が出ていないこともあるので、タイミングを図ることが必要となります。
Uターン転職の場合には、地元に親族などがいる場合も多いので、親族経由で求人情報を入手してみるのもよいかもしれません。
その方法であれば詳しい情報も聞き出すことが出来る可能性も高いですし、ブラック企業なのかホワイト企業なのかということも探ることが出来るようになります。

また最近ではUターン転職を希望する人に向けた説明会なども開催している地域があるので、積極的に説明会に足を運んで情報を収集する方法もあります。
説明会の開催情報もUターン転職情報を掲載してくれているウェブサイトにアクセスをすることによって知ることが出来るようになっているので、こまめに専門のウェブサイトにアクセスをするとよいでしょう。
親族から説明会情報が入ることもあるので、できるだけ地元の知り合いや親族にUターン転職を考えていることを知ってもらうのもよいです。