Uターン転職を行うデメリット

Uターン転職を行う場合にはデメリットについても考えておきましょう。
実際にUターン転職を行って、こんなはずではなかったということにならないように、事前にデメリットを知っておくとよいです。

都会には企業がたくさんあります。
大手企業の本社などもたくさんあります。
規模が大きくなるので、当然仕事をする人も多いです。
人手が足りないという時には、求人も出されます。
企業が多ければ、求人数も多いですし、自分に合う仕事を見つけることも出来るでしょう。
しかしUターン転職で地元に帰った場合、まず企業数が少ないことがあります。
企業数が少ないということは求人もあまり出されていないということです。
仕事を選ぶことが出来ないということがあります。

地方であれば、物価や家賃は安いです。
それに合わせて、給与も大幅ダウンをすることが考えられます。
都心部での仕事であれば、給与もかなりよいのですが、地方になるとどうしても収入がダウンをしてしまうということがあります。
ですから収入アップのための転職ということが出来なくなります。
収入がダウンしてもよいので、地元で仕事がしたいというのであれば、よいかもしれません。

地方に行くと人間関係が濃いことが多いです。
都会であれば、隣りに住んでいる人が誰なのか分からないということも珍しいことではありません。
近隣の付き合いがかなりドライです。
しかし地方に行くとそういうわけにはいきません。
余計なことを聞かれるということもありますし、急いでいる時に軽くあしらったりするだけで悪い噂が立つこともあります。
人と人とのつながりが面倒に感じることがあるのが、地方の特徴なのかもしれません。
そうなると仕事をする上でも人間関係をゼロから構築する必要があり、これもまた面倒ですし、大変です。

地方には独特の風習や慣習がある場合も考えられるので、それらを把握しなければいけないということもあります。
風習というのは結構面倒なものでもあり、特に冠婚葬祭に関してはやってはいけないことややるべきことなど細かく決められていることもあります。
仕事の付き合いで冠婚葬祭に顔を出さなければいけないということもUターン転職ならではのことかもしれません。

都心部での生活に慣れてしまっていれば、地方は交通のアクセスが悪いということもあります。
電車が中々来ないということもあり、時間を読むことが大変になってしまうこともあります。
以上のことからUターン転職のデメリットもしっかり把握した上で天職活動を行ったほうがよいということです。